Keychron V10 (Alice レイアウト) QMK カスタムメカニカルキーボード(US ANSI 配列)
Keychron V10 (Alice レイアウト) QMK カスタムメカニカルキーボード(US ANSI 配列)
Keychron V10 (Alice レイアウト) QMK カスタムメカニカルキーボード(US ANSI 配列)
Keychron V10 (Alice レイアウト) QMK カスタムメカニカルキーボード(US ANSI 配列)
Keychron V10 (Alice レイアウト) QMK カスタムメカニカルキーボード(US ANSI 配列)
Keychron V10 (Alice レイアウト) QMK カスタムメカニカルキーボード(US ANSI 配列)
Keychron V10 (Alice レイアウト) QMK カスタムメカニカルキーボード(US ANSI 配列)
Keychron V10 (Alice レイアウト) QMK カスタムメカニカルキーボード(US ANSI 配列)

Keychron V10 (Alice レイアウト) QMK カスタムメカニカルキーボード(US ANSI 配列)

V10-C1

通常価格 ¥18,500
/
4 在庫あり

タイプ
カラー
スイッチ
完全組み立て式には、以下のものが含まれます。
  • ABS樹脂製ハウジング
  • キーボードPCB、ねじ込み式スタブ、スチールプレート
  • ダブルショットOSA PBTキーキャップ(Mac & Windowsキーキャップ含む)
  • Keychron K Proスイッチ
ベアボーン版には、キーキャップとスイッチは含まれません。
V10には割引コードは使用できません。

在庫がない場合は、「Notify Me When Available」にてお知らせください。
Keychron Q1 75% Custom Mechanical Keyboard

Keychron V10

Keychron V10はユニークな75%アリスレイアウトで、プログラム可能なマクロキーが追加され、左ノブのデザインになっています。QMK/VIAに対応し、ねじ込み式スタブ、ダブルショットPBTキーキャップ、音響パッドなどで構成されたフルカスタマイズ可能で、人間工学に基づいた快適な使い心地で、あらゆる実用的なニーズに応えます!

フロストブラックバージョン(半透明)

カーボンブラックバージョン(非透明)

Keychron Q1 75% Custom Mechanical Keyboard
V6をカスタマイズする

V6のキーキャップ、スイッチ、その他のアクセサリを選択してください

カスタマイズ可能な万能キーボード

カスタマイズ可能なキーボードを作るために、各パーツは簡単に組み立てられるように設計されており、どのパーツも自分流にカスタマイズすることができます。

Keychron Q1 75% Custom Mechanical Keyboard

注:ネジの頭はケースに成形されているので、非常に強力なグリップがあり、落ちることはありません。

プログラマブルノブ

独創的なワークフローを強化するために設計されたアルミニウム製ロータリー・エンコーダーは、VIAソフトウェアを通じてノブ上のお気に入りのキーやマクロを簡単にカスタマイズすることができます。

Keychron Q1 75% Custom Mechanical Keyboard

V10のノブは、ズームイン/アウト、画面の明るさ、ブラシサイズ、音量、ビデオクリップや写真の選択、バックライトの色合いなど、希望のキーコマンドやマクロコマンドに簡単にカスタマイズすることが可能です。

キーボードの中のエピックコア 

128K Flashで武装した全く新しい強力な超低消費電力Arm構造MCUは、開発者にさらなる柔軟性を提供します。ポーリングレートは最大1000Hzで、対戦ゲームではレイテンシーが存在しない。

OSAプロファイルダブルショットPBTキーキャップ

新しいダブルショットPBTキーキャップのために、新しいプロファイルを作りました。それは、OEMのプロファイルと同じような高さで、SAのような形状をしています。私たちはこれをOSA(OEM spherical angled)キーキャップと名付けました。PBTキーキャップは、耐油性に優れ、打鍵感を高め、文字の色褪せを防ぐことができるようになります。

Keychron Q1 75% Custom Mechanical Keyboard

MacOSとWindowsでレイアウトを切り替える

Windowsデバイスとの互換性を保ちつつ、Macユーザーの体験を考慮して作られたKeychron V10には、システムトグルと、WindowsとmacOSの両システム用にカスタマイズされたキーキャップのセットが追加で付属しています。キーボードに2種類のレイアウトを保存し、各システムに対応させることができるようになりました。

QMKとVIAでプログラムV10

QMKおよびVIAのフルサポートにより、キーボードの各キーを簡単にプログラムおよびリマップすることができます。オープンソースのファームウェアは、キーボード レイアウト、ショートカット、バックライト効果、ノブまで、無限の可能性を意味します。

VIAでV10キーマップを動作させる

はじめに、以下の手順で操作してください。以下に該当するkemapのJSONファイルをダウンロードし、VIAを開き、「設定」タブの「デザイン・タブを表示」をオンにし、JSONファイルをVIAの「デザイン」タブにドラッグすると、VIA上でV10キーマップが機能するようになります。 V10のVIAコードはGithubからの承認待ちのため、まだ自動認識されていませんので、手動でV6キーマップをダウンロードし、入力する必要があります。

V10  キーマップ JSON ファイル

ホットスワップ可能。

ホットスワップ可能なソケットはPCBに取り付けられているため、はんだ付けせずにスイッチを取り付けたり変更したりできます。 PCBは、3ピンと5ピンの両方のMXメカニカルスイッチをサポートします。

南向きのRGBLEDライト。

南向きのRGBは、プレミアムノンシャインスルーPBTキーキャップが取り付けられているため、タイピストの角度からキーボードのバックライトをよりよく照らすように設計されています。 南向きのRGBは、ユーザーがキーボードにCherryプロファイルの代替キーキャップを取り付けたときにも干渉を受けません。

Keychron Q1 75% Custom Mechanical Keyboard

潤滑油塗布済みKeychron K Proスイッチ

スイッチモールドを最適化することで、K Proスイッチは標準的なメカニカルスイッチよりもぐらつきが少なく、一打ごとにスムーズな感触を得ることができます。さらに、すべてのK Proスイッチに工場出荷時にプレラブ加工が施されており(クリッキーを除く)、これがタイピング時の指先の最高の滑らかさを保証してくれることは間違いありません。

新型ネジ込み式PCBスタビライザー

ねじ込み式のデザインは安定性を高め、変更やアップグレードを容易にします。精密な職人技により、スタビライザーの安定性が増し、ブレが少なくなりました。大きなキーの(スペースバー、シフト、エンター、デリート)タイピング体験がより安定し、スムーズになりました。Keychron V10は、CherryやDurockなど、サードパーティ製のスタビライザーにも対応しています。

箱の中は何ですか?

Keychron Q1 75% Custom Mechanical Keyboard Fully Assembled Version
Keychron Q1 75% Custom Mechanical Keyboard Barebone Version

仕様

141.3 mm
長さ386.7 mm
フロントの高さ18.7 mm   (キーキャップなし)
背面の高さ27.2 mm (キーキャップなし)
足の高さ3 mm
角度3.5° / 6.7° / 9.3°
重さ1230±10 g (完全組み立てバージョン)
ボディ素材ソリッドABS樹脂
プレート素材
ポーリングレート1000 Hz
マウントスタイルトレイマウントデザイン
キーキャップ(完全に組み立てられたバージョン)ダブルショットPBTキーキャップ、シャインスルーではない、OSAプロファイル(OEM高さ、SA形状)
MCU超低電力Arm Cortex-M4 32ビットSTM32L432(128KBフラッシュ)
バックライト南向きのRGB LED
スイッチKeychron K Pro(完全に組み立てられたバージョン)
スイッチのサポートホットスワップ対応(5ピン、3ピン)
接続性Type-Cケーブル
ケーブルType-Cケーブル+Type-A-Type-Cアダプター
スタブねじ込み式PCBスタブ
操作環境-10℃~50℃
Keychron V10 ユーザーガイド

V10ショートカット、V10の組み立て、工場出荷時のリセットなど、Keychron V10の詳細についてはFAQセクションをご覧ください。

Customer Reviews

Based on 2 reviews
100%
(2)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
K
Keychron Customer
アリスレイアウト試してみたかった

最初戸惑いますがすぐに慣れました。
1週間使ったってアリスレイアウトに慣れたあと普通のUS配列に戻すと手首の負担が気になります。
思っていた以上に手首に負担がかかっていたんだなと。

自分の使い方だと左のM1-M5はいらないから右側の配列をもう少し一般的なものにして欲しかった。end ないのは不便で・・・

倫也 中谷
思ってた以上の快適さ

ずっと普通のUS配列のキーボードを使ってましたが、手首の負担を考えて初めてAliceレイアウトのこちらを購入しました。
Q10と悩みましたが、安いこちらを選択。

まず、レイアウトの慣れについては、普段からUS配列を使っている人はすぐになれるのではないかと思います。
ただし、基本通りではない運指をされてるとミスタイプが多くなりそうな気配です。(私はYを左手人差し指で打つ癖があったので、矯正が必要でした。)

他の廉価版はカチャカチャなってしまってましたが、V10はQシリーズに近いコトコトとしたタイプ音で、とても心地良いです。
ワイヤレス版があったらWin/Macの切り替えがもっと楽でしたが、時々なのでそこまで不便には感じません。
買ってよかったです。